<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アーユルヴェーダとの出会い | main | アーユルヴェーダとDr.マウルヤの紹介 >>

インドの聖地、リシケシ

0

     

     

     

     

    ヒマラヤ山麓の聖地リシケシヨーガの聖地として名高いリシケシは、ガンジス河上流に位置します。
    ここで見るガンジス河は、清らかで母なる海のような大河です。
    聖なるガンジス河沿いにたくさんのヨーガ・アシュラム(修行場)が建ち並び、修行者たちが毎日の修行をしています。

    朝4:30頃には、それぞれのアシュラムや寺院からマントラや祈りのチャンティングの声が聞こえてきますし、5:30〜6:00頃にガンジス河のガート(沐浴場)に行くと、聖水を汲み神様にお参りをしに来る人たちの姿も見られます。
    また夕方には、アーラティと呼ばれる火を使ったお祈りの儀式とマントラのチャンティングが、いくつかのアシュラムのガートで行われていたりします。

    そういう観点からすると、常に良い波動が古来から放たれてきた場所だと言えるでしょう。
    そしてこの地は、たくさんの偉大な大師たちがいてくださった場所でもあり、それらの恩恵は計り知ることができないほどのものです。

    このような場所にしばらく滞在するだけでも、その恩恵は大きいものでありましょう。
    例えば、ご縁があってヨーガ・ニケタンというアシュラムのヨーゲーシュワラナンダ大師のサマーディ・ホールへ行き、墓前で瞑想させていただきました。
    恩寵により、意識の深いところで大師の意識とつながって、大師の厳しさと慈悲深さのもとで深いサイレンスに導かれていました。
    その瞑想の姿を観ていたアシュラムの先生は、いつでもここへ来て瞑想して良いですとおっしゃってくださいました。

    また早朝6時頃、パルマート・ニケタン・アシュラムのガンジス河のガートでは、より深く導いてくれる大地のエネルギーの支援があり、かつパンチャカルマによって体が浄化され静まってきていたので、石畳の上で1時間以上瞑想し座していました。
    寒さも他者も自分も無くなって…。

    ある意味で、インドの聖地は、不思議なことが日常的に起こる場所ともいえるでしょうか。



    ガンジス河沿いにある聖者ヴァシシュタの洞窟入り口にあった菩提樹。ガンジス河沿いの聖者ヴァシシュタ洞窟入り口横にある、菩提樹
      聖者ヴァシシュタの洞窟入り口。


    ヴァシシュタ洞窟の入り口








    パルマート・ニケタンのガートにある寺院。シヴァリンガムがまつられている。
    パルマート・ニケタンのガンジス河沿いガートにある寺院。シヴァリンガムが祀られている。

    リンガムへのアビシェーカム

     

     

    加瀬恵の実 * インドの祝福アレコレ * 18:48 * comments(0) * - * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ