<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アーユルヴェーダとDr.マウルヤの紹介 | main | ハーブ(薬草):ブラーミー >>

インド占星術『ジョーティシュ』

0
    『ジョーティシュ』とは、未来を照らす全知の光という意味を持つ、インドの知識です。 

    その人の生まれた誕生時間・場所から、地球に生まれ出た瞬間の太陽系の惑星の配置を割り出し、その人がカルマとして持ってきた、惑星から受ける有益な影響と否定的な影響を計算し、運命を予測する知識です。

    リシケシで信頼できるジョーティシュの鑑定家がいないかとDr.マウルヤに相談したところ、ラーム・プラサド先生という方がいると聞きました。

    リシケシでも有名な方で、現地の人でも中々コンタクトがとれず、中々会えない人なんだそうです。

    聖職者のような生活をしていて、多額のお金を受け取っても、
    すぐ困っている人たちや団体に寄付をなさるような方だそうです。
    また外国やインドの他の都市にも招待されたりするので、いつでも会えるわけではないようでした。

    ところが、今回幸運なことに、ラーム先生にお会いすることができました。
    そしてある2人のジョーティシュのリーディングを通訳させていただき、ラーム先生はすごい方であることを実感しました。

    誕生時間や誕生地の位置(緯度経度)から、チャートを作成するのは、誰でもジョーティシュの専門家がすることですが、
    ラーム先生の場合は、基本データを把握した後、
    アドバイスは、天啓にしたがっているようでした。

    人知によってチャートを分析する場合、
    アドバイスは大変分析的であり、論理的思考が展開されます。
    したがって欠点や弱みに関しても、分析的で長い説明になることが多いのが通例です。

    ところが、ラーム先生の場合は、欠点や弱みに関しては、一言で説明は終わりでした。
    そして、それをどのように回避したら良いかを、
    運命を改善する方法を、具体的に多面的にアドバイスしてくださるのです。
    このようなアプローチの仕方は、神様的です。

    リーディングが終わったときに、
    「神様が貴方を通じて、言葉をくださっていたようですね。」
    と伺ってみました。
    ラーム先生は、ただ 小さくほほえんでいらっしゃいました。

    あとで、宿泊したホテルのオーナーに伺ったところ、
    自分も15年位前にラーム先生にリーディングをしてもらったことがあるとのこと。
    「90%は当たるといって良いだろう。だけど、いつもどこにいるのかわからず、連絡が取れないのが難点なんだ。」
    と言っていました。

    インドには、このようなステキな方が、やはりいらっしゃるのですね。
    ご縁のある方は、きっとリシケシでお会いすることができるでしょう。

    合掌
    加瀬恵の実 * インドの祝福アレコレ * 22:54 * comments(0) * - * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ